Dental Drug Delivery System《3DS》

歯原性菌血症とは
歯原性菌血症とは、進行したむし歯や歯周病といった口腔内の「傷口」を入り口として、血管内に細菌が侵入し、全身をめぐり、身体全体に悪影響を与えることをいいます。
血液により全身へ運ばれ、脳梗塞、心筋梗塞、早産や糖尿病の誘発因子となります。
歯周病や進行したむし歯が引き起こす歯原性菌血症は、このようにさまざまな臓器や疾患に悪影響をおよぼします。
歯原性菌血症を予防するためには、3DSが効果的といわれています。
3DS | 北区 十条 マルシェ歯科

~3DSは、むし歯や歯周病を予防し、歯原性菌血症から身体を守ります~

究極の虫歯予防治療(3DS)について
歯周病菌やミュータンス菌が多いとわかった方は、当然歯周病や虫歯が多発するリスクが非常に高くなります。今までは、歯をよく磨き、シュガーコントロールすることぐらいでしか虫歯を予防する手立てはありませんでした。それにも限界があり、やっぱり虫歯になってしまいます。ブラッシングだけでは限界があるのです。
ところが、近年今まで変えることのできなかったバイオフィルム(歯垢)の中のミュータンス菌の比率を減らすことのできる唯一の治療法(3DS)が開発されました。
この3DSという治療方法は、ある特定のお薬を使って安全かつ確実にミュータンス菌だけを取り除き、お口の中の環境を虫歯になりにくいものに変えるというまったく新しい治療方法です。

3DSをおこなったほうが良い方
むし歯、歯周病になりやすい。虫歯や歯周病で苦労している方
矯正やインプラント治療を始めようと思っている方
ご自分の口腔ケアだけでは不安を感じている方
お口や全身の健康により安心を求めたい方
妊娠予定や授乳中でお子さまをむし歯にしたくない方

~3DS治療の流れ~
1日目
(1)3DS処置に関する説明
(2)ドラッグリテーナー(マウスピースのようなもの)作成の為の型採り。

2日目
(1)ドラッグリテーナー試適、着脱の練習
(2)PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥースクリーニング)
歯科衛生士がバイオフィルムを徹底的に除去
まず、お口の中を隅々まで歯ブラシ、フロス、歯間ブラシなどを使って清掃します。
次に専門的な道具を使って徹底的に清掃します。

(3)ドラッグリテーナーと薬剤を用いてミュータンス菌の除去
まず、歯と歯の間に専用の薬剤をいきわたらせます。▲
ドラッグリテーナーに薬剤を入れます。▲
歯にドラッグリテーナーをはめて、薬剤を5分間作用させます。

(4)ホームケアの説明
この後1週間はドラッグリテーナーを用いたホームケアを行います。

3日目
(1)PMTC
(2)ドラッグリテーナーと薬剤を用いてミュータンス菌の除菌(3日目と同様)
その後は、4ヶ月ごとにメンテナンスといった具合にすすめていきます。
痛みは一切ございませんし、むしろお口の中がスッキリされると思います。

3DSに関するよくあるご質問
Q1 3DSの効果はどのぐらい持続しますか?
A お口の病原体はさまざまなものがありますので、家庭でのブラッシングと同じように毎日行うことが基本になります。

Q2 3DSができない、行ってはいけないケースはありますか?
A 歯周病の場合は治療をしっかりと受けてからの実施となります。また、歯が治療中で仮歯の状態の場合はリテーナーを製作できないため、治療が終了してからになります。

Q3 ホームケアをしっかりしていれば、3DSやプロのケアは必要ないですか?
A ホームケアがしっかりできることが理想ですが、すべて完璧に行うことは難しいものですので、専門家のチェックは定期的に必要になります。また、生活習慣病などの影響でお口の状態が悪くなることもありますので定期的にチェックアップを受けるのが望ましいです。

Q4 3DSは健康保険が適用されますか?
A 適用されません。むし歯や歯周病の治療をしっかりと済ませて、再発しないように3DSを行ってください。

究極の予防歯科をあなたも体験してみませんか?


当院では、除菌システムを完備し「細菌数ゼロ」の歯科治療水で治療を行なっています。
定期的な第三者検査機関の細菌検査など、日々詳細な規則を順守し水質管理に努めています。
さらに、その治療水の残留塩素濃度(消毒効果)を常に10ppm以上に保ち、除菌しながら治療を同時に行なえる歯科治療を実施しています。(国の水道水基準値は0.1ppm以上)
詳細は、以下のページをご確認ください。
特定非営利活動法人POIC研究会