入れ歯 痛くない入れ歯

当院は、保険医療機関ですので健康保険治療での義歯作成を多数承っております。

簡単な症例や、耐性の強い患者様であれば数回の調整でまあまあ噛むことのできる義歯を今までも多数提供させていただいてきました。ただ、世の中が便利になり豊かになってくると、この今まで当たり前に行っていた診療のレベルでの義歯ではご満足いただけない患者様が出現し始めました。人間、良いものを知っている方は自分の水準以下ではご満足いただけないというのも承知の上ですが、国の推し進めている健康保険システムは「すべての国民にそこそこの医療を格安の費用で」のスローガンのもとに推し進められてきた経緯があり、現在は国の財政の切迫状況も手伝って、保険診療で行える義歯のクオリティーの低下と国からの金銭的支援の査定は、今後悪くなることはあっても好転することはないといわれています。

このようにこだわられる方については、当院では治療用義歯仮義歯を活用したフルオーダーメイド入れ歯(健康保険適応外精密義歯)製作も行っております。

これを説明する前に、一般的な入れ歯作成についてお話しします。

一般的に歯科医院で勧められる良い入れ歯とはそのほとんどが金属床と言って、入れ歯の一部分が金属のプレートになっているものです。



その金属床のメリットとしてよく言われるのが、強度が高い。薄く作れるので違和感がない。なとです、確かにこれは事実です。しかしこのようなメリットがあるからと言って、ただそれだけで快適な入れ歯を作れるわけではありません。
入れ歯を快適に利用するために一番大切なことは、筋肉にぴったりフィットしてどのような時も動かず安定しているということです。

これを達成するには単に上下の歯型を取って入れ歯を作成するのだけでは足りません。なぜならその状態で作られた入れ歯は何もしていない状態に合わせた入れ歯のためです。

治療用義歯を用いて作製された入れ歯はしっかりと歯茎に吸着しますので、食事をする時にも簡単に外れることはありません。そして歯茎にしっかりフィットしている時は痛みを生じることはありません。

では、どのようにして普段の生活のお口の動きを、入れ歯に再現するのかと疑問に思われると思います。

従来の従来法の入れ歯ではすぐに型を取って入れ歯を作成しますが、保険外精密義歯作成の場合、当院では古い入れ歯をリハビリテーション義歯として修理をし、又は本番の入れ歯を入れる前に仮義歯を作成しそれを普段の生活で装着していただくことで 生活している状態の食事中のお口の動きをその入れ歯に記録していきます。

そしてその情報をもとに修正箇所を随時改善していきます。

入れ歯を装着するだけでそのような記録が取れるのと疑問に思うかもしれませんがこの入れ歯は特殊な構造をしており、お口の様々な動きを記録する事は出来るのです。

この改善を複数回行うことで、お口に合った入れ歯の構造が判明します。その構造を最終的な精密義歯に反映させることで、あなたに合った入れ歯が完成します。

つまり診断用リハビリテーション用の入れ歯で、本来あるべきお口の中の状態に改善した後で、初めて食事用最終入れ歯を作成していきますので、非常に安定した入れ歯が出来上がるのです。

逆に入ってしまいますと一般的な入れ歯(保険義歯)は、このような工程を踏んでいませんので、お口に合う入れ歯が出来上がるのは難しいのです。

(多種類の入れ歯)あなたに合った入れ歯を選べます

目立たない入れ歯

自分の歯のようにしっかり噛める入れ歯、取り外しが簡単で清掃性の高い入れ歯、などを多数ご用意しております。
(金属のバネがなく、見た目が良い入れ歯;健康保険適応外)

一般的な部分入れ歯は、金属のバネを歯に引っ掛けて入れ歯を固定しますので、どうしても目立ってしまいます。しかし、このバネの部分を歯肉と同じ色をした特殊な樹脂で作成することで、見た目が大幅に改善されます。この入れ歯をノンクラスプデンチャーと呼びます。




(アタッチメント義歯 アタッチメント部:健康保険適応外)

当院では磁石で入れ歯を安定させる磁性アタッチメントや土台の歯にフックをつけて安定させるクーゲルフック義歯を取り扱っています。
このタイプの入れ歯はバネは利用しません。また取り外しも簡単にできます。

マグネットデンチャー




クーゲルフック

ばねの見えない装着感の良い入れ歯 クーゲルホック

歯を失って部分入れ歯をおつくりになる場合、奥歯の小さな範囲でしたら金属のばねを使う入れ歯でもあまり問題になることはないのですが、けっこう気にされるのが、部分入れ歯の銀色のばねが見えるかどうかということです。 新規に入れ歯を作ることになった患者様からどのような点が不安ですかとお尋ねすると、一番が「友達に入れ歯を入れているって知られたくない」「一気に年を取って見えてしまいそう」など、審美面での不安が多いことに気づかされます。

我々歯科医師はいわば職人みたいなところもあるので、大学の頃から「どうやったら固いものがストレスなく噛める入れ歯ができるか」「患者様がお使いになったとき、いかに痛みが出ない入れ歯を作るか」などを一番に考えがちになります。またそのような技術を日々切磋琢磨しています。なので、つい「ばねが見えなくても、使い物にならない入れ歯を作っても仕方ないんじゃないのか」なんて考えてしまいがちになります。

自分の医院にいらっしゃる方でも、「この入れ歯、ほかの歯科で作ったのだけど、痛くて噛めなくて」といわれる入れ歯のほとんどが、見た目重視で、力がかかった時のことを考慮していないいわば、「お出かけデンチャー」です。たしかにノンクラスプデンチャーというものも存在してますし、当医院でも取り扱っていますが、適応症を考えずに行えば「ただの噛めない入れ歯」になります。

どうにかならないかなと思いながら臨床をかさねていましたところ、去年、山八歯科工業から「クーゲルホック」というアタッチメントが発売されました。 アタッチメントとは、入れ歯と歯を強固につなぐ装置という意味です。

このアタッチメントの優れていることろは、今現在使用している入れ歯にもほんの少しの加工で取り付けられることが多い(取り付けられない場合もございます)。

アタッチメントは歯科の歴史上数十年の歴史のある素晴らしい装置なのですが、今まで存在していたアタッチメントのそのほとんどが、加工が難しく入れ歯を新規に作り直す必要がありました。また土台の歯にもまた精密な装置を取り付ける必要がある(これが結構高価になるケースが多く、入れ歯とアタッチメントの治療一式で、国産中型車1台分ぐらいの治療費になることも珍しくない)ため、治療が長期化し、患者様に負担になるケースが多くございました。

当院で昨年より取り扱いを始めたクーゲルホックは、1装置あたり数万円で収まる(土台となる歯に取り付け、入れ歯との連結を期待する装置のため、土台となる歯が無い症例では適応外となります、また入れ歯を同時にお作りする場合は入れ歯の代金が別途必要になります)のに、装着感が良く、適合もよいため、多くの患者様に喜ばれております。(症例によっては装置を数個使う場合もございます、その場合は装置の個数分の費用が発生いたします)

ウェルデンツ(床のないブリッジ、白い入れ歯)

ウェルデンツは近年開発されたポリプロピレンを主成分とする全く新しい歯科材料を使用しております。ウェルデンツは通常の入れ歯に使われているプラスチックレジンに比べて数倍の弾力性と強度があり、しかも水に浮くほど軽量ですのでウェルデンツはその特性によって条件が揃えば取り外しでも両側の歯を削って作るブリッジと似たような着心地を得ることが可能です。
またウェルデンツは水分を吸収することがほとんどないため変形や変色に強く、臭いもつきません。

床のないブリッジ(白い入れ歯)ウェルデンツの特徴

通常の入れ歯に使われているプラスチックレジンの材料は水分を吸収するため変色変形匂いなどが問題で、材料的にも固いため歯茎に合わない場合も少なくありませんでした。しかし主成分のポリプロピレンは様々な特徴によって今までの入れ歯の問題点を解決し取り外しでもブリーチと同じような噛み心地を実現することができるようになりました




歯科技工士との連携が大切

患者様に合った入れ歯を作成する上で大切にしていることは歯科医師、歯科技工士の技術力と提案力、そしてイメージ力。

入れ歯作成はドクターと歯科技工士で協力して作成してゆきます。ドクターがまず、入れ歯の全体の設計図を作成し、それに基づき歯科技工士が作り上げていきますが、当院ではもう一歩進めて、歯科技工士がドクターと同じレベルで思考し、問題がある場合は提案ができる連携をとっております。特に難しい症例になればなるほど、ディスカッションを重ねて試行錯誤しながら方針決定をしてゆくことが重要になってきます。技術が優れているのは当たり前、どんな仕事でも最後は人対人の人間力が要になってきます。なので当院ではドクターと歯科技工士が互いに相談できる環境を大切にしています。そして 最後の一つはイメージ力です。

歯があったころはこの方はどのようなお顔立ちであったのか?どのようにしたら自然で違和感のない入れ歯が出来上がるか、この「どのようにしたら」を達成させるためには、提供された情報を分析しより鮮明に患者様の状態をイメージすることにかかっています。これを行えるか否かで入れ歯の出来は大きく変わってきます。

入れ歯でお困りの方のご来院お待ちしております。


当院では、除菌システムを完備し「細菌数ゼロ」の歯科治療水で治療を行なっています。
定期的な第三者検査機関の細菌検査など、日々詳細な規則を順守し水質管理に努めています。
さらに、その治療水の残留塩素濃度(消毒効果)を常に10ppm以上に保ち、除菌しながら治療を同時に行なえる歯科治療を実施しています。(国の水道水基準値は0.1ppm以上)
詳細は、以下のページをご確認ください。
特定非営利活動法人POIC研究会






無題ドキュメント