歯石除去・歯周病予防

歯周病とは

歯周組織(歯肉・歯槽骨・セメント質・歯根膜)が冒される病気です。
日本人の80%が羅患しているといわれる歯周病は私たちにとって身近な病気なのです。
歯周病は一度羅患してしまうと、元通りに戻すのが困難で進行をくいとめることしか出来ません。
予防に勝る治療はなし。その為にはまずは歯周病にならない予防が必要となります。
歯周病の予防には定期的な歯科医院での歯石除去と歯面清掃、
そして患者様ご自身でのプラークコントロールが重要となってきます。
医院での定期的な処置と患者様自身のセルフコントロールは車の両輪の関係で、
どちらが欠けても良い結果を得られません。

歯石除去・歯周病予防 | 北区 十条 マルシェ歯科歯石除去・歯周病予防 | 北区 十条 マルシェ歯科歯石除去・歯周病予防 | 北区 十条 マルシェ歯科

歯石除去

歯石除去・歯周病予防 | 北区 十条 マルシェ歯科

プラークコントロール

プラークコントロールの基本は毎日のブラッシングです。
又歯ブラシだけでは歯間にある汚れはおとせません。
歯間にある汚れはデジタルフロスや歯間ブラシを使ってとりのこしの無いように。
ブラッシング指導のご希望があれば、歯科医師、衛生士が適切な方法を
お教えしますのでお気軽におたずね下さい。

歯石除去・歯周病予防 | 北区 十条 マルシェ歯科

知覚過敏について

歯石取りなどの歯周病の治療後に、熱いものや冷たいものがしみたり、冷たい風が口の中を通過すると、スースーと神経に響くことがあります。

これは知覚過敏と行って、神経が健全に働いている証拠です。しばらくすると痛みもなくなります。決して、虫歯や歯周病がひどくなった状態ではありません。

また、皆様にはご自宅でのケアにご協力いただきたいと存じます。歯ブラシをしていて、シミる部分があると思います。シミるからといって、その部分のブラッシングを怠ると、虫歯の原因となります。丁寧なブラッシングをして下さい。

できれば、知覚過敏用の歯ブラシと、歯磨き剤を用意していただき、ご自宅でのプラークコントロールをよろしくお願いします。歯石除去・歯周病予防 | 北区 十条 マルシェ歯科


当院では、除菌システムを完備し「細菌数ゼロ」の歯科治療水で治療を行なっています。
定期的な第三者検査機関の細菌検査など、日々詳細な規則を順守し水質管理に努めています。
さらに、その治療水の残留塩素濃度(消毒効果)を常に10ppm以上に保ち、除菌しながら治療を同時に行なえる歯科治療を実施しています。(国の水道水基準値は0.1ppm以上)
詳細は、以下のページをご確認ください。
特定非営利活動法人POIC研究会